生徒の声

HOME | 生徒の声

VOICE

卒業生・在校生の感想
安藤文也 サルワカフットウェアカレッジ 作品

2017年度卒業生

安藤文也さん

 

「World Championships in Shoemakingを終えて」


サルワカ・フットウェア・カレッジを卒業後一年間、ゆっくりではありますが靴の制作をしていました。職人を志すには高い完成度を保ちつつも一定の制作スピードが必要であると思っていますが、現段階では靴とじっくり向き合い、依頼してくださったお客様の理想の靴、そして自分の思い描く完成形がどの様なものなのかを確認する必要があると感じました。
そうして日々靴作りをしている折、ロンドンで開催される「Super Trunk Show 2018」にて「World Championships in Shoemaking」が行われる事を知り、世界で自分の感覚や技術がどう見られるのかを知る良い機会だと思い出品を決めました。出品物は黒のプレーントゥオックスフォードのみとされ素材や底付けの仕様など細かく指定がありました。
制作ではどの工程でもまず理想とする線をしっかり頭で描いてから手を動かす様にしています。そうする事で手が迷う事を防げます。材料の殆どは[革]という天然物であり、作る度に状況は異なるので、作りながらよく考え、最善の選択をしていく、ということがとても大切だと感じています。
今回のコンテストの結果は5位という順位をいただきました。結果発表の際、世界各国の出品者の方々の靴も拝見させていただき、オックスフォードのスタイルの広さに感激し、とても刺激を受けました。ドレスシューズとはどの様な佇まいなのか、とても奥深く、永遠の課題ではありますが今回のコンテストを機に少しだけでもその偉大なテーマに歩み寄れたなら嬉しいです。

最後になりますが、靴づくりの技術はかけがえのないものです。 技術があるからこそ良いアイディアも浮かぶと思います。その技術はサルワカの先生方やお世話になっている先輩方から教わり、そして靴づくりを発展させてきた先人達の知恵があったからこそ今の私があります。その事に日々感謝しながら靴づくりを続けています。
 
(※写真は1年時の作品)

安藤文也 サルワカフットウェアカレッジ 作品

2017年度卒業生

安藤文也さん

 

「World Championships in Shoemakingを終えて」


サルワカ・フットウェア・カレッジを卒業後一年間、ゆっくりではありますが靴の制作をしていました。職人を志すには高い完成度を保ちつつも一定の制作スピードが必要であると思っていますが、現段階では靴とじっくり向き合い、依頼してくださったお客様の理想の靴、そして自分の思い描く完成形がどの様なものなのかを確認する必要があると感じました。
そうして日々靴作りをしている折、ロンドンで開催される「Super Trunk Show 2018」にて「World Championships in Shoemaking」が行われる事を知り、世界で自分の感覚や技術がどう見られるのかを知る良い機会だと思い出品を決めました。出品物は黒のプレーントゥオックスフォードのみとされ素材や底付けの仕様など細かく指定がありました。
制作ではどの工程でもまず理想とする線をしっかり頭で描いてから手を動かす様にしています。そうする事で手が迷う事を防げます。材料の殆どは[革]という天然物であり、作る度に状況は異なるので、作りながらよく考え、最善の選択をしていく、ということがとても大切だと感じています。
今回のコンテストの結果は5位という順位をいただきました。結果発表の際、世界各国の出品者の方々の靴も拝見させていただき、オックスフォードのスタイルの広さに感激し、とても刺激を受けました。ドレスシューズとはどの様な佇まいなのか、とても奥深く、永遠の課題ではありますが今回のコンテストを機に少しだけでもその偉大なテーマに歩み寄れたなら嬉しいです。

最後になりますが、靴づくりの技術はかけがえのないものです。 技術があるからこそ良いアイディアも浮かぶと思います。その技術はサルワカの先生方やお世話になっている先輩方から教わり、そして靴づくりを発展させてきた先人達の知恵があったからこそ今の私があります。その事に日々感謝しながら靴づくりを続けています。
 
(※写真は1年時の作品)

勝本さやか 手製靴作品

2018年度本科1年生

勝本さやかさん

 

「愛嬌どっさり一足目」


靴職人を目指したのは、「靴が好き」、簡単に言えばただそれだけ。しかも例えばマニアと称せるほど詳しいわけではなく、靴の世界を極めたいというよりはむしろ、自分の好みの靴を自分が履きたいという、いわばエゴのような動機のほうが強い。しかし世の中には「好きこそものの上手なれ」という私にとってはありがたい言葉もある。大事なのは、何はともあれ熱中できることではないか。靴づくりをはじめてみると、慣れないことばかりで想像するよりも沢山の工程がある。難しい、上手くできない、やり直してばかり。しかも材料は無限にあるわけではない。縫い目は曲がり、あってはならないところに穴が空き、よ~く見なくても傷だらけ。どれだけケアしながら履いても一生ものの靴になりそうにない。出来上がった一足目はそんなブスな靴だ。そういえば、同級生のT君が言っていた。「こんな靴だけど可愛くなってきた。」うん、共感できる。ちゃんと一足作ったという達成感もあるじゃないか。要はこの積み重ねだ。ミシンも練習用の紙を縫うことすら一苦労だったのに、今では紙はそこそこきれいに縫えている(完璧と言えないところが辛い。そして二足目が縫いあがったところだが、やはり曲がっている。辛い。しかし一足目よりはマシ。良かった。)。小さなことでも、繰り返しが人を進歩させてくれる。ありがたい。
一足ずつ、一歩ずつ、靴を作り上げていく。美人な靴を目指して。
 
(※写真は2年目卒業時の靴)

勝本さやか 手製靴作品

2018年度本科1年生

勝本さやかさん

 

「愛嬌どっさり一足目」


靴職人を目指したのは、「靴が好き」、簡単に言えばただそれだけ。しかも例えばマニアと称せるほど詳しいわけではなく、靴の世界を極めたいというよりはむしろ、自分の好みの靴を自分が履きたいという、いわばエゴのような動機のほうが強い。しかし世の中には「好きこそものの上手なれ」という私にとってはありがたい言葉もある。大事なのは、何はともあれ熱中できることではないか。靴づくりをはじめてみると、慣れないことばかりで想像するよりも沢山の工程がある。難しい、上手くできない、やり直してばかり。しかも材料は無限にあるわけではない。縫い目は曲がり、あってはならないところに穴が空き、よ~く見なくても傷だらけ。どれだけケアしながら履いても一生ものの靴になりそうにない。出来上がった一足目はそんなブスな靴だ。そういえば、同級生のT君が言っていた。「こんな靴だけど可愛くなってきた。」うん、共感できる。ちゃんと一足作ったという達成感もあるじゃないか。要はこの積み重ねだ。ミシンも練習用の紙を縫うことすら一苦労だったのに、今では紙はそこそこきれいに縫えている(完璧と言えないところが辛い。そして二足目が縫いあがったところだが、やはり曲がっている。辛い。しかし一足目よりはマシ。良かった。)。小さなことでも、繰り返しが人を進歩させてくれる。ありがたい。
一足ずつ、一歩ずつ、靴を作り上げていく。美人な靴を目指して。
 
(※写真は2年目卒業時の靴)

金田真大 サルワカフットウェアカレッジ作品

2018年度本科2年生

金田真大さん

 

「作って楽しい、履いて楽しい手製靴」


小さい頃から自分の手で何かを作ることが好きでした。器用ではなかったので得意ではありませんでしたが。
サルワカに入って靴作りを学んで、実際に作っていくと自分の作業の雑さと不器用さが際立ちます。毎回完成する度ため息が出ますが、それでも自分で作った靴なので愛着があります。何より、入学して1足目に作った靴と見比べると、とても成長を感じられて嬉しいです。
作業は失敗の連続ですが、作ることは全てが楽しく、靴の形になっていくのを見ていると胸が踊ります。作業の中で課題がどんどん出てきて、次回はここを気をつけようとか思いながら次に作る靴のことを考えてわくわくしています。
卒業までに少しは満足できるような靴を仕上げたいと思うので、これからも日々頑張って行きたいと思います。
 
(※写真は1年時の作品)
 

金田真大 サルワカフットウェアカレッジ作品

2018年度本科2年生

金田真大さん

 

「作って楽しい、履いて楽しい手製靴」


小さい頃から自分の手で何かを作ることが好きでした。器用ではなかったので得意ではありませんでしたが。
サルワカに入って靴作りを学んで、実際に作っていくと自分の作業の雑さと不器用さが際立ちます。毎回完成する度ため息が出ますが、それでも自分で作った靴なので愛着があります。何より、入学して1足目に作った靴と見比べると、とても成長を感じられて嬉しいです。
作業は失敗の連続ですが、作ることは全てが楽しく、靴の形になっていくのを見ていると胸が踊ります。作業の中で課題がどんどん出てきて、次回はここを気をつけようとか思いながら次に作る靴のことを考えてわくわくしています。
卒業までに少しは満足できるような靴を仕上げたいと思うので、これからも日々頑張って行きたいと思います。
 
(※写真は1年時の作品)